水素水サーバールルド 口コミ 効果

水素水ルルドの口コミ「健康診断での数値が良くなった!」

hatena

今回は水素水サーバールルドの購入者による口コミや効果についてのまとめです!

 

実際に水素水サーバールルドを購入した人はどのように思っているのか?

 

良かったところ、悪かったところを確認していきたいと思います。

 

hatena 健康診断での中性脂肪の数値が下がった

 

私は1日1Lを1年ほど飲んでいました(今はルルドに変えましたが)。太田成男先生は300〜500mlで良いと言っていますし、臨床の現場では1日1L飲むことが多いとのことです。

 

ちなみに水素水を飲んで半年後の健康診断では中性脂肪、肝脂肪の数値が下がっていました。もちろんそれが水素水の効果かは不明ですが。

 

hatena

こちらの水素水サーバールルドの口コミの方も1日1リットル飲まれているようです。

 

私も1日1リットル以上の水素水を飲んでいます。

 

太田教授は書籍で1日300ml〜500mlを飲むことをおすすめされていました。

 

そして、その後に臨床試験では1リットル以上飲んでいる旨も記載されていました。

 

水素水を飲むことにより糖代謝から脂肪代謝に変わるので、通性脂肪、肝脂肪の数値が下がっていたのかもしれません。

 

こういったことも太田教授の書籍に書いてありました。

 

マウスに水素水を飲ませると、同じだけ食べたり飲んだりしても体脂肪や血液中の通性脂肪が減り、血糖値も下がることがわかりました。

 

さらに、水素水を飲ませるとエネルギー代謝が活発になり、同じ運動量でも酸素の消費量も上がります。

 

原因は、肝臓から分泌され、エネルギー代謝を活発にするホルモンの分泌が盛んになり、脂肪代謝をする遺伝子の調整スイッチが作動し始めるからだということもわかりました。

 

〜中略〜

 

運動選手が水素水を飲むと、糖代謝ではなく脂肪代謝が盛んになり、疲れにくくなることもわかりました。

 

これらの結果は、水素がダイエットに有効であることを示しています。

 

bihada

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

わたしも、食事制限なし、運動量を変えずにダイエットに成功しました。

 

運動量と言っても会社の行きと帰りで一駅歩くって運動です。時間にして大体往復両方で50分ぐらいです。

 

勿論、水素水を一回飲んでこういった効果があるってことではなく、継続していたら起きた効果でした。

 

hatena 浄水器タイプは要注意!ルルドがおすすめ

 

浄水器タイプは殆ど水素は入っていませんので注意です。水が通過するだけで水素を混入できません。追い炊きタイプをお勧めします。

 

私はルルドを使用しています。(水素濃度計測すると1.1PPM公称通りあります)

 

hatena

こちらの口コミでも言われていますね。

 

水素水サーバーは浄水器タイプや水道直結タイプの場合は、水素がほとんど入っていないという口コミが本当に多いです。

 

 

中には、浄水器タイプで水素が入っていない状況を動画に撮ってアップしたら、そのメーカーから電話が来て「販売に関わるから動画を削除しろ!」と言われたって口コミすら見かけました。。

 

そんな中、水素水サーバールルドの場合は、今回の口コミの様に水素濃度がちゃんとメーカーの公表通りあるという口コミが多く。

 

なんなら、メーカーの公表の水素濃度より、実際に購入して測定したら高濃度だった!って口コミのが多くあるぐらいです。

 

水素濃度についても安心ですし、その上ほかの水素水サーバーにはない「追い炊き機能」があるので、時間がたっても水素が豊富な状態を保つことができるので更に安心です。

 

水素水としてだけ見ても、ルルドはここまでおすすめなのに、更に「オゾン水」までルルドでは生成することが可能です。

 

オゾン水は殺菌、消臭効果があるので、これによりルルドは他の水素水サーバーと違いメンテナンス(代)も必要ないのです。

 

水素濃度が低くてもほかの水素水サーバーの場合は、定期的なメンテナンスが必要になることが多いので要注意です。(初期工事費などもかかるケースもあります)

 

そして、ルルドは高齢者の方でも簡単に使用できる「ワンタッチ」で水素水やオゾン水を生成できるタイプなので、両親へのプレゼントをされている口コミを多く見かけます。

 

こういった意味で、水素水サーバーを購入するならルルドがおすすめなのです。